>

キャバクラで学ぶ、処世術とは?

この記事をシェアする

接客業に向いている人とは

キャバクラでナンバーワンを取る人の中には、ごく稀に天性の才能を持って生まれたと感じる人がいます。
会話が上手だけれど、自己主張をすることもなく聞き上手で、過度な期待を持たせることもなく気分良く接客して、上手に客あしらいが出来る人です。
そういった人は、おそらく銀座や赤坂の高級クラブでも十分に通用するはずですが、ポリシーを持ってキャバ嬢という職業を天職にしています。

一昔前は、キャバ嬢といえば水商売の女と軽視されることもありましたが、カリスマ的キャバ嬢がメディアに取り上げられることもあり、その美貌や職業意識の高さが認められて、地位を上げる結果になりました。
接客業も時代と共に変化を遂げ、情報社会の中で認知されて、カリスマが生み出されていくのです。

学ぶ姿勢で、引き出しを増やそう!

まっさらなスポンジは、驚くほどの速さで水分を吸収していきます。
初心者は、学ぶ姿勢で事にのぞめば、多くの知識を吸収して引き出しを増やすことが出来ます。
そのためには、優良店といわれるところで、正しい知識を学ぶ必要があります。

まず、女性同士が和やかにコミュニケーションを取る術や、男性スタッフのフォローに、感謝の気持ちを忘れないことです。
大事なことは、高額な費用を支払ってお酒を飲みに来てくれるお客様が、気分良く楽しんでもらえるような接客が出来るよう、日々研鑽を積み重ねるということを、正しい知識として大切に引き出しにしまっておきましょう。
そして何より、誇りを持って働くことが出来るキャバクラに出会えるために、じっくりと見極める目が必要だと思います。


トップへもどる